その不動産の査定当たっていますか?

いらない不動産はいくらで売却できるのか査定してみましょう。 - その不動産の査定当たっていますか?

その不動産の査定当たっていますか?

不動産の売却を検討するとき、まずはその不動産の売却の適正価格を知るために、査定を行います。
売り手側の心情からすれば、とりあえず査定の金額で高い額がついてくれれば、希望通りということになるかもしれません。
そして、査定の際にはその金額が果たして本当に妥当なものであるのかどうか、というところも気にする必要があります。

査定を行う業者

不動産の査定を行なうときは、まずは不動産業者に査定を依頼することになります。
査定の金額とはつまり、その不動産業者が実際に不動産を売却するときに、この値段ならば買い手がつくと判断する価格のことです。
査定の金額については、その土地の日当たりや物件の風通しなどの条件に加え、周辺の取引実績などから査定額が算出されることになります。
より詳細な査定額を判断してもらうためには、実際に業者に不動産を訪問してもらい、金額を算出してもらうのが一番です。

複数の業者に査定を依頼する

一つの業者に査定を依頼しただけでは、その金額が果たして妥当であるのかどうかの判断は難しくなります。
もしかしたら、他の不動産業者に査定を依頼したときには、さらに高い査定金額がつくことになるかもしれません。
自分の売却を検討している不動産の相場を知るためには、複数の業者に並行して査定を依頼するという方法があります。
また、大手の不動産業者と、地域密着型の不動産業者でも、査定で付ける金額が異なってくるかもしれません。
多方面から、自分の不動産の妥当な価格を判断できるようにしましょう。

高いことによるメリット

査定の金額は、ただ単に高ければよいというわけではありません。
実は査定の金額が相場よりも高いという場合には、それによって生まれるデメリットもあります。
結局は、査定をしたからといってそこで売却が成立をするわけではありません。
あくまで売却の際の金額が決定するだけであって、最終的には買い手がつかなければ売却は成約しないことになります。
もしその不動産にあまりに相場よりも高い金額が査定でついてしまったとしたら、誰も買い手がつかないという結果になり、売れ残ってしまうかもしれません。

売れ残ってしまった場合のデメリット

相場よりも高い金額が付いた不動産の場合、長く売れ残ってしまい、金額が崩れていくことも予想されます。
本来高い査定金額がついて、高値で売却できるという希望のあった不動産が、それよりもはるかに安い金額で買いたたかれるという結果に終わるかもしれません。
そういった意味でも、その不動産の査定金額が妥当なのかどうか、相場より安すぎないかという視点と同時に、相場よりも高すぎないかという視点でも判断をする必要があります。
最後のゴールはその不動産に買い手がつくこと、であることを意識しましょう。

査定額の根拠を聞く

dtykuyf
査定額が決定するときは、そこに必ずどのような根拠でその金額が決定されたのか、という理由があります。
不動作会社には、評価額をどのような根拠で決定したかという点の説明義務がありますので、それを聞き出すことは何らおかしなことではありません。
むしろ、しっかりと自分の不動産につけられた値段の根拠を知っておくことで、その不動産業者が信頼に足る相手であるかどうかを判断するためのきっかけになります。
大事な不動産の売却という取引ですから、自分が任せようとしている不動産業者が信頼できるかどうかも同時に判断していく必要があります。
不動産売却査定君のオンライン査定サービス≪http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/≫

Copyright(C)2016 その不動産の査定当たっていますか? All Rights Reserved.